« ビジネス会計検定試験・・・2 | トップページ | ビジネス会計検定・・・4 »

ビジネス会計検定・・・3

おはようございます♪あきあきです。

さて、今回で3回目になる【ビジネス会計検定】ですが、 サンプル問題を少し見てみしょう~

ビジネス会計検定試験(3級サンプル問題)

大阪商工会議所HPより 引用>

問題1 次の問いに答えなさい。

【1-1】次の文章の空欄(ア)から(エ)に当てはまる語句の適切な組み合わせを選びなさい。

貸借対照表は(ア)における企業の(イ)を表示し、損益計算書は(ウ)における企業の (エ)を表示する計算書である。

① (ア)一定時点 (イ)財政状態 (ウ)一定期間 (エ)経営成績

② (ア)一定期間 (イ)財政状態 (ウ)一定時点 (エ)資金状況

③ (ア)一定期間 (イ)資金状況 (ウ)一定時点 (エ)経営成績

④ (ア)一定時点 (イ)経営成績 (ウ)一定期間 (エ)資金状況

⑤ (ア)一定期間 (イ)資金状況 (ウ)一定時点 (エ)財政状態

(引用終わり)

正解は・・・①

では、穴埋めして文章にしてましょう~

貸借対照表は(一定期間)における企業の(財政状態)を表示し、損益計算書は(一定期間)における企業の(経営成績)を表示する計算書である。

言葉自体は経理の仕事をしていたり、ニュースなどでもなじみのある言葉が ならんでいますが、文章にしてみると途端に難解なものに変わります(苦笑)

公式テキストの例題を見ていても感じるのですが、 「暗記する言葉は少ない、しかし理解はしにくい・・・」 というのが特徴でしょうか?

これを突破して、知識として身につけるのには・・・ 【具体的に流れに沿って”覚えながら”理解する】 のが一番効率的な勉強方法に思います。

例えば、自分の会社、或いは家計簿でもかまいません、 【お金の流れ】に当てはめて、イメージしながら勉強していく。

「貸借対照表」=「財産目録」

「損益計算書」=1か月分の家計簿の集計 という感じでしょうか?

間もなく始まる講座でもその辺に力点を置いて授業をしていきたいと思います。

ではでは、今回はここまで~(*^_^*)

|

« ビジネス会計検定試験・・・2 | トップページ | ビジネス会計検定・・・4 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

おぉ~試験まで1ヶ月をきったんですね…
そろそろ本腰入れて勉強しないとΣ(゚Д゚)

あきあきさんは講座を担当されるとの事
どうぞ身体にお気をつけて♪

投稿: りゅう | 2007年7月 4日 (水) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398446/7025952

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス会計検定・・・3:

» 認定とは:資格検定などを取得する人が急増している。就職や転職でより有利... [資格検定]
資格検定などを取得する人が急増している。 就職や転職でより有利な条件の企業に入る... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 05時15分

« ビジネス会計検定試験・・・2 | トップページ | ビジネス会計検定・・・4 »