« 社労士・・・2 | トップページ | FP技能士3級・・・2 »

FP技能士3級・・・1

こんにちは、Otoです♪

さて、今回は来年1月27日に試験がある、

「FP技能士」の級学科問題をご紹介します。

 

「FP技能士」という名前はあまり馴染みがないかも・・・

「AFP」、「CFP」、在るいは「ファイナンシャル・プランナー」

という名称の方が、TVなどでもよく使われていますね。

以前紹介した【社労士】と同じように、現在年金・老後などの資産運用のアドバイザーと

して人気抜群の資格です。

 

実は、「FP技能士」というのは最近【国家資格】の仲間入りを果たした名称なのです。

 

以前は「AFP」と「金財FP」という二つの【民間資格】がありました。

「CFP」というのは国際資格(!)です。

 

現在は国家資格としては非常に珍しく、以前「AFP」「金財FP」の以前3級・2級を

もっていた方も国家資格者【FP技能士】として認定されます。

 

また、詳しい資格の変遷(笑)は2級をご紹介するときにでも・・・

 

 

さて、以下3級学科試験問題を抜粋してご紹介しましょう~

===============================

 

【第1問】 次の各文章((1)(30))を読んで,正しいものまたは適切なものには①を,誤って

いるものまたは不適切なものには②を,解答用紙にマークしなさい。 30問〕

(1) 税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが,税金について顧客からの具体

的な個別相談に応ずる行為は,「業として行う税務相談」として,税理士法に抵触するおそ

れがある。

(2) Aさんは,60歳から85歳までの25年間,元金を一定利率で運用することにより,年間150

万円ずつ年金を受け取りたいと考えている。この場合において,60歳の時点で必要とされ

る元金額は,年金現価係数により算出することができる。

(3) 雇用保険の基本手当の支給が受けられる日数(所定給付日数)は,被保険者の離職の事

由に関わらず,保険者期間と被保険者の年齢のみで判定される。

(4) 公的介護保険の保険者は,市町村および特別区であり,被保険者は第1号被保険者と第

2号被保険者に区分される。第1号被保険者は65歳以上の人であり,第2号被保険者は40

歳以上65歳未満の公的医療保険加入者である。

(5) 国民生活金融公庫を通じて行う公的教育ローンには,現在,教育一般貸付,年金教育貸

付,郵貯貸付の3種類があり,いずれも利用に際して保護者の年収による制限はない。

============================

 

はい、典型的な○×問題です。

学科試験はこのような○×と穴埋め問題です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、そう、「実技試験」もあります。

次回はその「実技試験」を紹介します(^_^)

 

では、また次回~

 

★ご質問やご感想など、下の「comment」からジャンジャンご記入下さい★

ブログランキングに参加を始めました!

 

ブログランキングボタンも、ポチッとして頂けるととっても嬉しいです(≧▽≦)

クリックをお願いします~♪

人気ブログランキングへ
Banner_04


私が奮闘中のサイトです。
Oto_logo2_2

|

« 社労士・・・2 | トップページ | FP技能士3級・・・2 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398446/9363955

この記事へのトラックバック一覧です: FP技能士3級・・・1:

» 教育一般貸付 [,FP技能士3級・・・1]
教育一般貸付の情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年12月27日 (木) 12時53分

» 郵貯貸付 [,FP技能士3級・・・1]
郵貯貸付の情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年12月31日 (月) 05時28分

» 年金教育貸付 [,FP技能士3級・・・1]
年金教育貸付の情報です。 [続きを読む]

受信: 2008年1月 9日 (水) 04時12分

« 社労士・・・2 | トップページ | FP技能士3級・・・2 »